40代が痛く見えるファッション

40代で若作りは痛い!残念な印象になる大人の服装をご紹介

こんにちは!
アパレル販売員歴10年aoiです。
40代は心も成熟した大人の女性の印象ですよね。
中身に伴って服装も大人の包容力が求められる年齢。
少しでも若く見せようとして、大人っぽさから遠ざかった着こなしをしてしまうこともあります。
顔つきと服装のギャップがあると、周囲に「痛い人」という残念な印象を与えてしまっているかもしれません!
40代が若作りで痛いと思われてしまう着こなしをご紹介します。

 

40代の若作りが痛いと思われてしまう洋服の特徴は?

“若作り”というと聞こえが悪いですが、年齢を重ねてもファッションを楽しみたい気持ちは変わらないですよね。
40代ともなれば、落ち着いたムードある着こなしが好印象に映るのも事実。
いつまでも、若い頃に似合っていた服装を引きづっていては、痛く見えてしまっても無理はありません。

40代の若作りが痛いと思われてしまう洋服の特徴

①ひざが丸出しのボトムス
②カジュアル過ぎる服装
③ガーリーで甘いファッション
④ボディラインの強調や肌の露出が多い着こなし
⑤派手だったり独特に見えてしまうテイストの洋服


好きなファッションアイテムは、そう簡単に変えられません。
だからと言って、年齢に合っていない着こなしをし続けると、“痛い人”とみなされてしまいます!

 

①ひざが丸出しのミニ丈ボトムス

膝上ミニ丈ワンピース×ブーツは40代には浮いてしまう

出典:WEAR

足に自信がある40代はその美脚こそ武器と思ってしまうことがあります。
自信を持てるのはいいことですが、ミニ丈スカート×ニーハイブーツではギャルっぽい派手さが出てしまいます。
大人の女性が着ていると“痛見え”してしまいます!
自分では似合うと思っても顔つきとはちぐはぐな印象になるので避けた方が良いでしょう。

膝上キュロットはガーリーさが大人にはちぐはぐな印象に

出典:WEAR

いつまでも少女のような明るく純粋な気持ちを持って過ごすのはとても良いこと。
しかし服装にまで反映させてしまってはただの“痛い人”になってしまします。
膝上のフレアキュロットは、可愛らしくガーリーな雰囲気ですが、40代が着ると顔つきから浮いてしまいます!
天真爛漫さを演出したくとも洋服ではしないのがベターです。

ショートパンツ×ソックスは少年ぽさが大人には痛く映る

出典:WEAR

ショートパンツは元気な快活さを演出してくれますが、どんなに美脚でも大人の女性が着ると痛い印象になります。
ショートパンツにソックスを合わせた少年ぽさのある着こなしは、40代の女性がするとかなり浮いて見えてしまい残念な印象に。
年相応ではない着こなしは40代を逆に老けさせてしまいますね。

膝上全開のホットパンツは攻めているように見えて痛い

出典:WEAR

膝上がかなり露出されるホットパンツは美脚でも40代は避けたいアイテム。
若々しいというよりギャルぽさが浮いて見えて攻めているように感じます。
40代の女性は、落ちついた包容力が魅力的と感じる方が多いので、攻めすぎたファッションは残念な気持ちにさせてしまいますね。
露出が多いのも大人らしくないとみられて痛いと思われかねません!

ショートデニムパンツは若作りしすぎて痛見えする

出典:WEAR

例えば、夏の海やプールで水着の上からショートパンツをはくのは好印象ですが、タウン着として着るのは痛く見えてしまいますね。
特にショート丈デニムパンツは40代が着るとギャル感が出てしまい、周囲からすると痛いと思われてしまいます
どんなに足に自信があって美脚だとしても、ショートパンツやショートデニムパンツは、避けるのがベストです。

②カジュアル過ぎる服装

ラフすぎると手抜き感が出て部屋着っぽく見える

出典:WEAR

休日はリラックス感のある楽な着こなしがしたくなりますよね。
ゆるTシャツ×ゆるパンツのラフな着こなしは、40代がすると手抜き感満載の、部屋着のような印象に見えてしまいます。
上下ともゆるっとしたアイテムを合わせると、40代はリラクシーというよりも疲れたような印象を与えそうです。

サロペットはビビットカラーを合わせると若作りに見える

出典:WEAR

力まず着られるデニムサロペットは、一周回ってカジュアルコーデに投入したくなったという40代も少なくないと思います。
こなれた着こなしが楽しめるアイテムですが、合わせるインナーによっては若作りで痛見えしてしまうことがあります。
ビビットカラーのインナーをサロペットに合わせると、カジュアルすぎて40代の顔映りからは浮いてしまう印象です。
アースカラーなどくすみ系カラーや落ち着いた色合いを合わせるのがマストですね。

若者が着映えする地味色コーデは老けて見えがちに

出典:WEAR

くすみカラー自体は40代の大人コーデを馴染ませてくれる便利なカラー。
柔らかく見せてくれたりリッチに品よく見せてくれたりと使えるもの。
上下合わせてしまうと、ぼやけてしまったり、顔色を悪く見せてしまったりと40代が演出したい印象とは、真逆な雰囲気になってしまいます。
くすみカラーを投入するときは、引き締めてくれる色味とMIXして着こなすのがマストです!

ラフでスポーティな服装は40代がすると部屋着感満載になる

出典:WEAR

スポーティな着こなしもおしゃれで人気ですが、トータルコーディネートで40代がやってしまうと部屋着感が満載な着こなしに見えてしまいます!
もちろん運動会など体を動かすイベントの時は良いですが、タウン着として着るには40代にはラフすぎます。
Tシャツのロゴが大きすぎるものやジャージは若作りだけでなく痛いおばさんの印象付けにもなってしまうので気を付けたいですね。

③ガーリーで甘いファッション

ガーリーなミニ丈ワンピースは子どもっぽく見えてまう

出典:WEAR

足の露出が多いと、はつらつとして元気な印象に見えると思いがちです、40代がすると幼くて子どもっぽい印象になってしまいます。
膝が見えると年齢も感じてしまい、さらにガーリーな雰囲気なので顔とはミスマッチな雰囲気に。
ガーリーな甘さのある着こなしは、大人の佇まいとはちぐはぐな印象を与えてしまいます。

甘い雰囲気の花柄は大人が着ると浮いてしまう

出典:WEAR

甘い雰囲気の花柄は、ガーリーで可愛らしすぎる雰囲気なので、大人が着るにはちぐはぐな印象を与えてしまいます。
可愛らしい雰囲気を演出したい気持ちがあっても、ガーリーな花柄は40代には浮いてしまい、周囲から痛いと思われてしまいそうです。
甘さを抑えた着こなしなら、大人にマッチして親しみやすさを演出できます。
甘さ全開の服装は、年齢を重ねた40代には若作りで痛い印象になってしまいますね。

レトロで地味すぎる服装は顔映りまで暗くしてしまう

出典:WEAR

レトロな服装はシックさと紙一重ですが、ガーリーな雰囲気のレトロな服装は40代が着るとかなり地味で老けて見えてしまいます。
レトロな着こなしに落ち着いたカラーを投入すると、顔映りまで暗くしてしまって疲れたおばさんのように見えてしまいますね。
40代は落ち着いた印象が求められますが、行き過ぎて暗くならないよう注意が必要です!

④ボディラインの強調や肌の露出が多い着こなし

ニットパンツはお尻やもも周りをあらわにすると痛い

出典:WEAR

こなれたおしゃれ感が出せるニットパンツは、40代が着るなら、お尻や太ももは隠して着るのがベスト。
たるんできたり丸みを帯びてきた40代のボディラインにフィットするニットパンツは、単体で着ると、ラインがあらわになって痛い印象になります!
長めのトップスやワンピースなどレイヤードで着るから抜け感が出せるもの。
どんなにおしゃれだと思うアイテムも着こなしに気を付けないと、若作りで痛い印象になってしまいます。

ボディラインにフィットしたスカートはなまめかくなってしまう

出典:WEAR

フェミニンなスカートは、40代のカジュアルコーデやきちんとコーデに活躍してくれますが、体にフィットしすぎたりミニ丈のスカートは痛く見えてしまいます。
若かったころのの感覚を引きずっているように見えてしまうので、着るものをアップデートできていない人のようです。
品がなく下品な印象になりがちなので、タイト目スカートをはくときも程よく体が泳ぐものを選んだり、ミニ丈は避けるようにしたいですね。

肌の露出が多い服装は40代が着ると生々しくなり痛く見える

出典:WEAR

胸元の開きが深かったり、着丈が短くておへそが出そうな肌の露出が多い服装は、40代が着ると痛く見えます。
程よく女っぽさが演出できる肌の透け感とは違う露出は、どんなに美肌でも40代はなまめかしく感じてしまい痛く見えます。
若く見えるのとは違う印象になるので、露出のやりすぎは避けるのが良いですね。

⑤派手だったり独特に見えてしまうテイストの洋服

アニマル柄は面積が大きいと派手でケバい印象になる

出典:WEAR

モードな雰囲気が出せるアニマル柄のアイテムも、40代が着ると派手な印象になってしまいがち。
シルエットがシックなものを選んだとしても、派手さが目に付くばかりで40代が着るとその迫力が倍増。
おしゃれ感よりも“強いそう”な印象が先行してしまいます。

民族衣装のようなアイテムは個性派狙いでないなら避けるのがベター

出典:WEAR

民族衣装のようなアイテムは個性的な印象ですよね。
若い頃は何も考えずともさらっと着こなせていたテイストも、大人になると独特なムードが増してしまい、近寄りがたい雰囲気に。
好んできたり、個性的に見せたい時は良いですがもしそうでないなら避けるのがベター。
民族衣装のようなアイテムは個性が強すぎて40代が着ると痛見えしてしまいます。

まとめ

40代が若作りをすると、痛く見えてしまうことが多いもの。
まだまだ気持ち的にも元気で、はつらつとしている40代は、洋服でもそれを体現したいと思いがち。
しかし、顔から浮いた印象の洋服は、かえって40代を痛見えさせてしまって、残念な印象になります。
シックでクラシカルな装いはきちんとしたい日の40代を素敵に見せてくれますよね!
年相応の大人女性にマッチする着こなしをしていきたいですね。

40代の痛いファッションは?レディースの残念な服装をご紹介自分では良かれと思って選んだ洋服が周りから見ると“痛い女”と思われていることもあるかもしれません! 顔に合ってない可愛らしすぎる洋服や、体のシルエットが出すぎた着こなしなど、年齢に合ってないものはちぐはぐで痛い印象に。 40代が痛いと思われてしまうレディースファッションはどのようなものでしょうか? ...
40代ファッション!女性の痛い印象になってしまう服装は? こんにちは!アパレル販売歴10年aoiです。アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の大人の女性にマッチする着こな...
40代は服が似合わない?その理由と大人の洋服選びのコツ!40代になると顔つきや肌・髪質の変化や体型の変化などさまざまな所が今までとは違ってきますよね。 これまでは好きで似合っていた洋服が、ある日突然違和感を感じて着れないと感じる経験はされた方が多いと思います。 40代が服が似合わないと感じる服の着こなしは、アップデートが必要なものかもしれません!...
40代はVネックが似合わない?大人が着こなすコツをご紹介!首やデコルテラインは、肉付きが良くなってしまったおなかや腰回りとは反対に、見せ方によっては肉が削げ落ちて見えてしまうことがあります! Vネックラインの洋服を着るのをためらってしまいますよね。 40代が素敵に見えるVネックもありますが、似合わないものも。 40代に似合わないVネックとおしゃれに着こなすコツをご紹介します。...
40代ファッション!痛くないおしゃれな大人の着こなし!40代は着たいものを着れば何でも似合う年齢でありませんよね。 若者の間で流行っているものが必ずしも着映えするわけではないので、40代は服選びも慎重になりがち。 老けて見えたり若作りに見えたり、とにかく“痛い”と思われるファッションをしたくないですよね! 大人の女性として素敵に着映えする着こなしをご紹介します。...
40代の可愛い服装は?おしゃれな大人可愛いコーデをご紹介可愛い服装をすると、気持ちがワクワクしてファッションが楽しいですよね。 表情も柔らかく魅せられる可愛い服装は、大人に必須。 40代は大人の女性として品があり大人の余裕を感じられるような雰囲気で着こなさないと“年相応のファッションがわからない痛い人”と思われかねません! 大人が着映えする大人可愛い着こなしをご紹介します!...
トレンチコートの着こなし!40代におすすめなコーデは?トレンチコートはクラシカルで定番でありながらも、着こなしに新鮮さを与えてくれることもあるアイテム。 40代の着こなしも洗練された印象に格上げしてくれますよね。 きちんと目な装いの日からカジュアルな気分の日まで幅広く活躍するトレンチコート! 40代におすすめな着こなしをご紹介します。...