40代が痛く見えるファッション

40代ファッション!女性の痛い印象になってしまう服装は?

こんにちは!
アパレル販売歴10年aoiです。
アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の大人の女性にマッチする着こなしを日々勉強・研究しています。
40代はまだまだファッションを楽しみたい年齢。
顔つきの変化や体型の変化も大きく、マッチする服装がなかなか見つけられなかったりもしますよね。
いつまでも若い頃の感覚で洋服を選んでいると、老けて見えておばさんのような印象を与えてしまうかもしれません!
40代がおばさんに見えてしまうコーディネートをご紹介します!

40代ファッション!女性の痛い印象になってしまう服装は?

40代の痛く見られてしまうファッションには特徴があります。
周りに馴染むような暗い色ばかり選んだり、手抜きに見える服装をしてしまったり。
知らず知らずのうちに、“痛い”と思われてしまうファッションをしているかもしれません!

40代の痛い女性に見られるファッション

①柄アイテムの着こなし
②カジュアル過ぎる服装
③地味色ばかりのコーデ
④スポーティアイテムをカジュアルMIXしてしまう
⑤甘くガーリーな着こなし
⑥肌の露出が多い服装


痛いと思われてしまうファッションを避けて、おしゃれを楽しみたいですよね。

 

40代女性の痛いファッション①柄アイテムの着こなし

柄を上下で着るときつく近寄りがたい雰囲気になる

出典:WEAR

柄物はコーディネートのアクセントになるアイテムですが、40代が上下で着てしまうと主張が激しすぎて強い印象に。
顔つきも相まってきつく見えてしまい、近寄りがたい雰囲気になってしまいます!
40代がコーディネートに主張の強い柄物を使うときは、さりげなく、面積は小さくするのがおすすめです。

ブラウンのチェック柄は地味色を合わせるとおばさん見えする

出典:WEAR

チェック柄は大人の着こなしに清涼感を与えてくれますが、色味次第では老け見えに繋がることも。
ブラウン系のチェック柄は、合わせるアイテムも注意が必要です!
くすんだ地味色を合わせると全体がぼやけてしまい、40代のくすみがちな顔色と相まって、おばさん見えさせてしまいます。
程よい甘さを演出できるチェック柄は、色選びも気を付けるのがマストです。

キャラクタープリントは幼稚でキケンな印象に

出典:WEAR

キャラクターものの洋服は大人の女性には幼稚に映るもの。
40代が着ると大人の佇まいから浮いてしまい、痛く見えます!
可愛らしく幼いイメージのキャラクタープリントは、大人が着るには精神面まで未熟であるかのように見える心配もあります。
また、レトロ感のあるアイテムを合わせると、野暮ったくなり、ともするとキケン人物と捉えられてしまいそうです。

特徴的な派手な柄物は40代が着るとうるさくなる

出典:WEAR

主張が激しい柄物は、たとえ1点の投入でも、40代が着るとうるさく見えておばさん見えしてしまいます。
40代が特徴的な柄物を着ると、品の良い華やかさとは全く別の印象になり、ただ派手さだけが目に留まるような着こなしに。
強烈なインパクトのみを与え、近寄りがたい雰囲気にしてしまいそうです。

40代女性の痛いファッション②カジュアル過ぎる服装

ゆるいだけのコーデは部屋着感が出てしまう

出典:WEAR

ビッグシルエットのスウェットに、とろみ素材のワイドパンツを合わせた着こなしは、ゆるっとした感じがかわいいもの。
しかし、大人の女性がするとだらしなく部屋着のような印象になってしまいます。
ヘルシーさを通り越して手抜き感が出てしまうので、カジュアルな着こなしをするときはきれい目なアイテムを投入するのがおすすめです!

上下デニムの着こなしは古臭く見えてしまう

出典:WEAR

デニム素材は40代にとっても定番で着やすいアイテム。
気張らないカジュアルが叶うので、休日コーデにも活躍しますよね。
上下でデニムを着てしまうと40代は古い印象を与え、おばさん見えしてしまいます。
硬い同素材を組み合わせた着こなしは、女性らしさが無いように思われ、素の自分から女っぽさが減りつつある40代にはミスマッチとなります。

レトロ柄×レトロ素材は野暮ったい印象になる

出典:WEAR

レトロな雰囲気がかわいいコーデュロイパンツは、大人カジュアルに一役買ってくれるボトムス。
40代はレトロな雰囲気の花柄と合わせてしまうと、おばさん見えしてしまいます!
懐かしい感じが可愛いレトロアイテムは、コーディネートに1点投入くらいが大人にちょうどいいもの。
組み合わせて着ると、古っぽい印象に見せてしまい、40代を老けさせる原因になります。

かわいい雰囲気のオーバーオールは浮いて見えてしまう

出典:WEAR

ナチュラルで可愛らしい雰囲気になるオーバーオールは、ガーリーな幼さが魅力のアイテム。
40代の女性は、幼く見えるアイテムは浮いてしまい、周りから見ると痛いと思われてしまいます。
“可愛い”アイテムは、40代の顔つきにミスマッチ。
ちぐはぐなギャップが違和感しか生まず、痛いファッションをしているようなイメージになります。

40代女性の痛いファッション③地味色ばかりのコーデ

地味色くすみカラーは顔映りが悪く老けて見える

出典:WEAR

ベージュやグレーなどの中間色は、柔らかな印象にしてくれるので、40代のコーディネートでも一役買ってくれカラーですよね。
しかしコーディネートに地味色を複数取り入れたい場合は要注意です!
顔色がくすんできた40代は、地味色ばかりの着こなしでは顔映りが暗くなり、老けて見えてしまいます。
ファッションに興味がないように思われ、おばさん見えしてしまいます。

くすんだ地味色コーデは野暮ったくなる

出典:WEAR

くすんだ地味色は、それだけで40代から女らしい柔らかさを損なわせてしまうもの。
特にカジュアルな着こなしに投入する時は工夫が必要です。
地味色ストール×地味色ワンピースのレイヤードコーデは、野暮ったい印象になりがち。
表情まで暗く見せてしまい、痛いおばさんファッションになってしまいます。

黒は素材次第で浮いて見える

出典:WEAR

黒は上品でクラシカルに魅せられるカラーですが、素材選びを間違うと、40代は痛い印象に見えてしまいます。
顔映りが暗くなるため、硬めの素材や安っぽい生地感だと、野暮ったくなります。
真面目で硬いムードある黒は、ともするとメンズライクで、40代には浮いて見えることがあります。
素材選びを失敗しないよう、品よく見えるものを選びたいですね。

ダークカラーのチェック柄はくすんで暗い印象になる

出典:WEAR

ダークカラーのチェック柄は、差し色の白がないと顔映りが暗くなり、沈んだような印象になってしまいます。
特に40代は、顔色のくすみが気になる年齢なので、暗めの地味色だと表情まで沈んで見えてしまいます。
チェック柄もうまく取り入れないと、疲れて見えてしまい、40代は老けてしまいます。

40代女性の痛いファッション④スポーティアイテムをカジュアルMIXしてしまう

フーディ×薄手素材のデニムは手抜きに見える

出典:WEAR

デニムは40代のカジュアルコーデにも活躍してくれるアイテム。
ワイドシルエットで薄手のデニムは、40代が着ると安っぽさが出てしまい、部屋着のような印象になります。
とくにフーディと合わせると、ファッションに興味がないかのように映ってしまいます。
履き心地が楽で、つい手が出そうになる薄い素材のデニムは、ご近所着としても着るのを避けるのが無難です。

スポーティすぎる着こなしはちぐはぐになる

出典:WEAR

スポーティな着こなしは大人の女性には浮いて見えてしまうもの。
カーパー×チノパンの組み合わせは、女っぽさを感じさせないスポーティな着こなし。
40代が着ると、スポーティな服装と年齢を重ねた顔つきとの印象が違いすぎて、かなり浮いて見えてしまいます。
カジュアルな着こなしも、スポーティになりすぎないような組み合わせがマストです。

パーカー×ダメージデニムは安っぽく見えてしまう

出典:WEAR

ダメ―ジデニムも、加工が行き過ぎてなければコーディネートに馴染むもの。
完全に肌が見えてしまっているものは、40代が着ると若作りしているかのように見えてしまい痛い印象になります。
若い頃の流行りを引きずっているように見えるので、おばさん見えしてしまっていてもおかしくありません。
パーカーを合わせるとラフになりすぎてしまうので、大人には浮いてしまいます!

40代女性の痛いファッション⑤甘くガーリーな着こなし

ふわっとして可愛らしい洋服はただただ痛い人に

出典:WEAR

ふんわりとしていて可愛らしい洋服は、柔らかな雰囲気に見えてくれて、大人になっても好きな方は多いもの。
40代が着てしまうと、大人な顔つきとガーリーな雰囲気の洋服にギャップが生まれてしまい、痛いイメージになります!
顔つきとふんわりした洋服のギャップで、顔のたるみやくすみが余計に際立ってしまい、その結果、老けておばさんのように見えてしまいます。

ミニタイトスカートは露出が激しすぎて痛く見える

出典:WEAR

若々しさを演出したくて、40代がミニのタイトスカートをはいてしまうと、痛く見えてしまします!
どんなに美脚でも、大人の女性がひざ上がかなり出ているミニスカートをはいていると、古臭い印象になってしまいます。
無理している様子がおばさんのようなイメージになってしまい、痛いファッションになることに。
露出が多い着こなしは、下品な印象に繋がりますね。

40代女性の痛いファッション⑥肌の露出が多い服装

女っぽさが出せる着こなしも透け面積が大きいと痛く見える

出典:WEAR

オールブラックコーデは、ツヤ素材や透け素材を使うと、抜け感が出せておしゃれ感が上がりますよね。
抜け感を出そうとするあまり、透けてる面積が多すぎるアイテムは、肌を露出しようとしているように見えてしまって、かなり痛い印象に見えてしまいます。
肩や袖が透けてるものならまだしも、胴体部分が透けているものは、40代が着ると露出が激しすぎて周囲は目のやり場に困ってしまいます。

ボディコンシャスなアイテムは攻めている様子が痛く映る

出典:WEAR

体のラインにピタッと沿ったボディコンコンシャスなアイテムは、40代が着るとなまめかしくなり、周囲に痛いと思われてしまいます。
体のラインに自信があっても、40代が着ると決して上品とは言えません。
女っぽさを強調したい気持ちが出すぎて、無理して頑張っているようにも見えます。

露出が多い着こなしはだらしなく見えて痛い

出典:WEAR

少しの肌見せは、着こなしに軽やかさをプラスしてくれるもの。
やり過ぎると40代はただの痛い人になります。
肩の露出が多い着こなしは、40代がするとだらしない印象を与えてしまいます。
若い頃は、肌見せをしてもヘルシーで女性らしい雰囲気でしたが、大人の女性はあまり露出しない方が品よく見えます。
加減を考えずやり過ぎると、周囲も目のやり場に困ってしまいますね。

まとめ

40代の痛いレディースファッションをご紹介してきました!
顔映りが映えない色合わせや、バランスがちぐはぐな着こなしはそれだけでダサ見えとおば見えさせてしまい40代を一気に老けさせてしまいます。
着るのが楽だからと手に取ったもの、いい加減に選んでいるとおばさんのように見えさせてしまっているかもしれません。
おしゃれで包容力ある大人の魅力とは対極になってしまうことも。
選び方を工夫して、ファッションを楽しんでいきたいですね。

40代の痛いファッションは?レディースの残念な服装をご紹介自分では良かれと思って選んだ洋服が周りから見ると“痛い女”と思われていることもあるかもしれません! 顔に合ってない可愛らしすぎる洋服や、体のシルエットが出すぎた着こなしなど、年齢に合ってないものはちぐはぐで痛い印象に。 40代が痛いと思われてしまうレディースファッションはどのようなものでしょうか? ...
40代でギンガムチェックは痛い?おしゃれなコーデをご紹介!ギンガムチェックは爽やで、コーディネートのアクセントになりますよね。 カジュアルに着れるので普段使いにもひと役買ってくれるアイテムです。 可愛らしいイメージがあるギンガムチェックは、マニッシュコーデを柔らかく見せてくれる反面、着こなしを間違えると痛く見えてしまうことも! 40代におすすめな着こなしをご紹介します!...
40代はVネックが似合わない?大人が着こなすコツをご紹介!首やデコルテラインは、肉付きが良くなってしまったおなかや腰回りとは反対に、見せ方によっては肉が削げ落ちて見えてしまうことがあります! Vネックラインの洋服を着るのをためらってしまいますよね。 40代が素敵に見えるVネックもありますが、似合わないものも。 40代に似合わないVネックとおしゃれに着こなすコツをご紹介します。...
40代でパーカーは痛い?大人が着映えするコーデをご紹介!パーカーは楽に着られてカジュアルなコーディネートも組みやすいアイテム。 40代もワードローブに投入したいと考えている方も多いアイテムですよね。 おしゃれに着こなせば抜け感を与えてくれるアイテムですが、スポーティすぎると大人の女性には浮いてしまいます。 40代の痛いパーカ―の着こなしと、着映えするコツをご紹介します!...
40代ファッション!痛くないおしゃれな大人の着こなし!40代は着たいものを着れば何でも似合う年齢でありませんよね。 若者の間で流行っているものが必ずしも着映えするわけではないので、40代は服選びも慎重になりがち。 老けて見えたり若作りに見えたり、とにかく“痛い”と思われるファッションをしたくないですよね! 大人の女性として素敵に着映えする着こなしをご紹介します。...
40代の可愛い服装は?おしゃれな大人可愛いコーデをご紹介可愛い服装をすると、気持ちがワクワクしてファッションが楽しいですよね。 表情も柔らかく魅せられる可愛い服装は、大人に必須。 40代は大人の女性として品があり大人の余裕を感じられるような雰囲気で着こなさないと“年相応のファッションがわからない痛い人”と思われかねません! 大人が着映えする大人可愛い着こなしをご紹介します!...

http://hinatabokkoshiitake.com/?p=3925