40代ファッション

40代は服が似合わない?その理由と大人の洋服選びのコツ!

  1. こんにちは!
    アパレル販売員歴10年aoiです。
    アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを日々勉強・研究しています。
    40代になると顔つきや肌・髪質の変化や体型の変化などさまざまな所が今までとは違ってきますよね。
    これまでは好きで似合っていた洋服が、ある日突然違和感を感じて着れないと感じる経験はされた方が多いと思います。
    40代が着ると似合わないと映る洋服はどんなものがあるのでしょうか?
    ご紹介していきます!
  2.  

40代は服が似合わない?その理由は?

ふと鏡を見たとき、今まで着れていた洋服をふと「似合わない」と感じる40代は多いもの。
これまで当たり前に着ていたアイテムに、違和感を感じることも少なくないですよね。
40代になると、顔色のくすみで映える色が変化したり、肉感を帯びてきて丸くなってきた体型では服が着映えしなくなってくることがあります。

40代が服が似合わないと感じる理由

①どカジュアルな着こなしは手抜きに見える
②上下ダボダボなシルエットは体型隠しのおばさんに見える
③シンプル過ぎる着こなしは貧相に見える
④無難な着こなしは女らしさに欠ける
⑤ダークカラーのくすみ系は疲れて見える
⑥コンパクトなカーディガン+スラックスパンツは硬く見える


40代が服が似合わないと感じる服の着こなしは、アップデートが必要なものかもしれません。
女性らしさが素の自分から減っていく年齢なので、品の良い女らしさがないと、老けて見えたり、おばさん化する可能性があります!

 

40代が服が似合わないと感じる着こなし

どカジュアルだと手抜き感で老け見する

出典:WEAR

40代はカジュアルな着こなしも、どこか女性らしさを演出するのがおすすめです。
パサついてしまった髪質やくすみがちな肌質の40代が、どカジュアルな着こなしをすると服から浮いて見えてしまい、ただの手抜きコーデに見えます!
手抜きコーデはファッションへの関心の低さの表れのように見えてしまい、大人を老けさせてしまうので要注意です。「服が似合わない」と感じさせる要因になります。

上下ダボダボだと体型カバーしたいだけに見える

出典:WEAR

若者がすると着映えする上下ダボダボな着こなしは、40代は素材選びが重要です。
丸みを帯びてきた背中や肩回り、肉付きが良くなったお腹やお尻など、カバーしたい所はたくさんあります!
しかし、ラフなアイテムで上下のシルエットがダボダボだと、40代は体型カバーしたいだけのおばさんい見えてしまいます。

Vネックのシンプルな着こなしは貧相に見える

出典:WEAR

肉が削げ落ちたようなデコルテラインは、40代なら悩みの種の一つ。
肌や体のシルエットにハリ感がなくなってきた40代は、鎖骨が丸見えでも貧相な印象になってしまいます。
Vネックトップスを投入するならコーディネートのトータルのシルエットもシンプル過ぎないのがベター。
細くなったデコルテラインから足元まですっきりしすぎると、シンプルすぎて40代には厳しい、素材勝負な着こなしになってしまいます。

無難な着こなしは寂しい印象に見える

出典:WEAR

シンプルで無難な着こなしは若者がすると着映えしますが、40代がすると寂しい印象に見えてしまいます。
加齢とともに肌や髪にツヤ感がなくなり、華やかさがなくなる40代。
シンプルで無難な服装は女っぽさや華やかさがなくなり、寂しく老けた印象に見せてしまいます。
浮いて見えないためにシンプルなものを組み合わせて着てしまうと、大人の余裕を感じられない印象になってしまいます。着映えしないことが「服が似合わない」という違和感に繋がりますね。

ダークやくすみ系の洋服は疲れて見えてしまう

出典:WEAR

丸くなった背中や肉感を帯びたおなか回りなど40代は体の衰えを感じることも少なくありません。
なるべく目立たないようにと景色に馴染む色やダークカラーを好んできているとかえって老けて見えて目立ちます!
ダークカラーのくすみ系の洋服は40代のくすみやたるみ、ほうれい線といった目立ってほしくない所を際立たせしまい老け見えの原因に。
くすみ系カラーを着るならライトカラーが、ダークカラーを着るならツヤ素材やブラウスなど、女っぽさが演出できるものがおすすめです。

上下くすみ系ダークカラーはおばさん化する

出典:WEAR

40代はトレンドのすべてが似合う年齢ではないですよね。
顔色や体型、姿勢などしっくりくるものを吟味して選びたいもの。
特に顔映りが明るくなるかどうかは、表情の見え方にも大きくかかわるので、気を付けたいですよね!
くすみ系のダークカラーを組み合わせた着こなしは、顔色が悪く見えたりくすんで見えるので「似合わない」と感じることも多く、40代は避けるのがベスト。
おばさん化して見えてしまうのでダークカラーの取り入れ方には注意が必要です。

コンパクトな組み合わせは硬い雰囲気になる

出典:WEAR

コンパクトなシルエットのカーディガンとスラックスパンツの組み合わせは、無難でどこへ行くにも間違いはないと思いがち。
年齢を重ねて薄くなったり、逆にきつい顔立ちになってしまった40代にはかっちりしすぎて見えてしまいます。
硬く近寄りがたい印象にも見え、少し怖い雰囲気になることも。
顔映りが明るくなるカラーを選んだり、上下タイトすぎないシルエットを選び抜け感を演出したいですね。

40代が素敵に洋服を着こなすコツは?

40代になり年齢を重ねるたび、「服が似合わない」と感じる瞬間が増えて着てしまいます。
服の着こなしのコツをつかむだけで、洗練された大人のおしゃれを楽しむこともできる40代。

40代がおしゃれに服を着こなすコツ

①顔映りが明るくなる白を取り入れる
②体型の弱点をカバーできる着こなしをする
③昔からの手持ちはシルエットをアップデートする
④女性らしい柔らかさのある素材・シルエットを選ぶ
⑤きれいめ見えするアイテムを投入
⑥自分好みのファッションを年齢なりに着こなす


顔映りを明るくしたり、体型カバーするファッションも“ダボッ”としていないものを選ぶことでおばさん化しない着こなしが楽しめます。
40代がおしゃれに見える着こなしをご紹介します!

 

40代がおしゃれに見える着こなし

①顔映りが明るくなる白を取り入れる

出典:WEAR

年齢を重ねるにつれて、気になるのが顔のくすみ。
カラーアイテムを取り入れれば明るくなるのは分かっていても、着慣れないものを顔の近くに持ってくるのは不安ですよね。
どんな色とでも相性よく合わせられて、40代の顔映りをレフ板効果でトーンアップさせてくれる白がおすすめ。
重ね着にも、1枚で着るにも大人の味方になってくれ、着こなしのムードを洗練されたコーデに格上げしてくれます。

②体型の弱点をカバーできる着こなしをする

出典:WEAR

年齢を重ねて、特に下半身の体型が崩れてきたと感じる40代は少なくないもの。
おなか回りやお尻、もも周りなど、体のジルエットがくっきり出てしまうアイテムは、トレンドでも避けるのがベター。
オーバーシルエットでもフェミンン感がたかめられるとろみ素材や、カラーアイテムを投入して鮮度を上げることで、体の弱点をカバーしてもおしゃれ感ある着こなしに魅せられます!
野暮ったくなるキケンもあるので、ゆるいシルエットを選ぶときは、柔らかな素材を選ぶなど工夫が必要です。

③昔からの手持ちはシルエットをアップデートする

出典:WEAR

お気に入りや着やすいアイテムは、何年経ってもレギュラーとして持っておきたいもの。
流行に関係なく着られるものは、特にずっと着られます。
だからこそ、昔の古いシルエットのままアップデートできておらず、着こなしが古臭く、おばさんのように見えてしまいます。
例えばデニムはカジュアルに欠かせない普遍アイテム。
何年も前のシルエットを履き続けると“ファッションに無頓着な人”に。
昔からの手持ちは、シルエットを更新することで着こなしに鮮度が生まれます。

④女性らしい柔らかさのある素材・シルエットを選ぶ

出典:WEAR

40代になると、素の自分からは女らしさが減ってきたと感じる人も少なくありません。
それなのに身に付けるアイテムまで女らしいムードが無いと、ますます老けて見えてしまいます!
柔らかく優しげに見えるような素材のものや、女らしさを感じさせるシルエットのアイテムを着ることで、表情までフェミニンで品格のある雰囲気に魅せられます。
洋服の持つ女っぽさに力を借りて、親しみやすさをまとった着こなしをすることで、おしゃれ感もUPしますね。

⑤きれいめ見えするアイテムを投入

出典:WEAR

カジュアルが着たい時でも、40代はラフな着こなしは避けるのがおすすめ。
どカジュアルなコーディネートは、大人の佇まいにはマッチせず、無理して若作しているように見えてしまいます。
スラックスパンツやタイトスカート、ブラウスなど、きれいめ見えするアイテムを組み合わせることで、気張らないカジュアルでも大人の上品さをUPさせることができます。
きれいめアイテムを取り入れるだけで、鮮度がぐっとあげられますね!

⑥自分好みのファッションを年齢なりに着こなす

出典:WEAR

大人の女性は、自分なりのお気に入りのファッションアイテムやコーディネートがありますよね。
好みのスタイルを自分で理解して着こなすのはとても素敵なこと。
年齢を重ねるにつれて、似合うシルエットやしっくりくる色合いが変わるので、それに応じてスタイルも少し変化させると大人に寄り添った着こなしが叶えられます。
好みのスタイリングは何年も変えられなくても、年齢に合うように更新することで、鮮度をあげて楽しめます。

まとめ

40代が似合わない洋服の着こなしと素敵に見えるコツをご紹介してきました!
年齢を重ねるにつれて衰えを感じる顔色や顔立ち、自分の佇まいの変化などによって似合う洋服が変わってきますよね。
これまで似合っていた着こなしに違和感を感じるようになると、洋服自体に合わないものと思い込んでしまいそうですが、それは単に似合うものが変化しただけ!
手持ちの洋服に違和感を感じ始めたら、アップデートする時期なのかもしれませんね。

40代はボーダーが似合わない?おばさん化するボーダーコーデをご紹介おしゃれに見れば大人の強い味方であるはずのボーダーですが、その分着こなしには工夫が必要です! 40代がすると似合わないボーダーの着こなし例をご紹介します。 インパクトがありかわいい印象にも見えるボーダーは40代が着るとなると工夫も必要ですよね。 違和感を感じながらも着ると“おばさん化”することもあります!...
40代は黒が似合わない?大人におすすめな黒の着こなし!40代になると黒の洋服も、これまでは似合っていたはずなのに、急に違和感を感じることが増えるファッションアイテムの一つ。 “黒”はベーシックなのに、40代を過ぎてから着るとなんだかしっくりこないことがありますよね。 黒が似合わないと感じる理由と、おすすめな着こなしをご紹介します!...
40代はかわいい服が似合わない?大人が痛く見える甘いコーデをご紹介かわいい洋服は大人を柔らかく優し気な印象に魅せてくれ、親しみやすい雰囲気をまとわせてくれますよね。 組み合わせやアイテムの選び方によっては40代には浮いてしまい、ちぐはぐな違和感を与えます。 好きなものを寄せ集めただけの着こなしは痛く見える原因になります! 40代が着ると痛い可愛い洋服の着こなしをご紹介します!...
40代で白ワンピースは痛い?おしゃれに着こなすコツをご紹介白のワンピースは上品で清楚な印象になりますよね。 顔映りが明るくなるけど派手でない雰囲気が作れ、女っぽさと爽やかさの両立が叶います。 ただ、デザインや着こなしによっては甘くなり過ぎたりして大人の女性が痛く見えてしまうものもあります。 40代が痛く見えてしまう白ワンピースの着こなしと、品よく魅せるコツご紹介します!...
40代の痛くないファッションは?痛いと思われない大人コーデをご紹介40代になり年齢を重ねると、好きな洋服がなんでも似合うという訳ではなくなりますよね。 40代が着ていても痛くないファッションを目指すあまり、無難で面白みのない着こなしになってしまい、かえって老け見えの原因になることもありますよね! 大人が着映えし素敵に見えるコーディネートをご紹介します!...
40代のNGファッションは?おばさんに見える残念な着こなしをご紹介!洋服の着こなしはその人のパーソナリティや気持ちの若さ、どんな雰囲気に演出したいかなどさまざまな情報が組み込まれていますよね。 40代は着こなし一つで上品で余裕のある大人の女性に見られるか、ファッションに無関心・無頓着なおばさんに見られるか変わってきます...
40代がおばさんに見えるファッションは?老ける着こなしをご紹介「体型が崩れてきた、気になる所を隠したい」という気持ちや昔のトレンドを引きづったままアップデートできないと“服装に無頓着なおばさん”のような印象を周囲に与えてしまいますね。 大人っぽさや上品さが魅力なはず40代が、残念なファッションのおばさんに見えてしまう服装をご紹介します。...