アラフォーが痛く見えるファッション

アラフォーはオーバーオールを着ると痛い?!大人が避けるべきコーデ!

こんにちは!
アパレル販売員歴10年aoiです。
アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを日々勉強研究しています。
オーバーオールはカジュアルでリラックス感のあるコーディネートが楽しめるのでアラフォーも着やすいアイテムですよね。
しかし洋服の組み合わせによっては“幼い印象になる”“子どもっぽく見える”など大人の雰囲気とはちぐはぐなイメージに仕上がってしまうこともあります。
カジュアルコーデの強い味方である一方でアラフォーが浮いてしまうことがあるオーバーオール。
大人の女性がすると痛く見えてしまう着こなしをご紹介します!

アラフォーがオーバーオールを着ると痛いのはなぜ?

アラフォーがオーバーオールを着ると痛く見える理由


①カジュアルすぎる印象になる服装だから
②オーバーオールはガーリーで幼い印象のコーデになる

①カジュアルすぎる印象になる服装だから
きれい目なアイテムをMIXさせたカジュアルは、アラフォーの魅力をupして魅せてくれます。
しかし、どカジュアルなだけのスタイルは、アラフォーはおばさん感が出ます!
カジュアルすぎる服装は、手抜き感を出してしまい、アラフォーを痛い印象に見せてしまいます。
程よくラフさのある服装と、手抜きなおばさん見えする着こなしは全く別物。
カジュアル感あるアイテムを着たい気分の日は、組み合わせに要注意です。

オーバーオールはガーリーで幼い印象のコーデになりがち
「可愛らしく女の子らしい服装」が、いくつになっても若々しく魅せられるというのは、アラフォーには痛い勘違い。
少女感のある可愛らしくガーリーなコーデは、大人の佇まいとは正反対のもの。
「年齢相応に似合うものが分かっていない人。いくつになっても幼さのある可愛らしい服装がマッチすると勘違いしている人。」
という認識をされてしまい、痛い人に見られてしまいます。

出典:WEAR

アラフォーはカジュアルに寄り過ぎたり、ガーリーで甘くなるオーバーオールの着こなしはさけたい!

アラフォーはオーバーオールを着ると痛い?!①カジュアル過ぎる印象の着こなし

デニムのオーバーオールはやんちゃな少年感が出てアラフォーは痛い

出典:WEAR

濃い目インディゴブルーのデニムオーバーオールはラフな少年ぽさが魅力的なポイントでもありますよね。
カジュアルなインナーや厚みのあるスニーカーを合わせるとやんちゃ感が出てしまい、大人の女性には浮いて見えてしまいます。
アラフォー世代は大人の落ち着いた雰囲気が醸し出せる着こなしが着映えしますが、活発過ぎる少年のような着こなしは痛い印象になります!
年齢に合わないカジュアル過ぎるオーバーオールコーデは大人の佇まいから浮いて見えるだけでなく周囲に年齢に合った着こなしが出来ない痛い人と見られてしまいますね。

デニムオーバーオールを片方外した着こなしはギャルっぽさが出て若作りに見える

出典:WEAR

デニムオーバーオールは女っぽさのある着こなしをすることで大人の女性にもマッチする印象が作れますよね。
女っぽさを勘違いして肩を外して着るのはまるでギャルのような印象を与えてしまいます。
大人の余裕を感じられるような着こなしがハマるアラフォーはギャルっぽい着こなしをすると“いつまでも昔のファッション感覚をアップデートできない人”と見られてしまい痛いです!
だらしないようにも見えてしまうので肩を外す着こなしはアラフォーにはおしゃれコーデとは認識されません。
リラックス感とは全く違うだらけた人に見えてしまいますね。

太めボーダーなど可愛らしい着こなしをするとオーバーオールで老け見えコーデになってしまう

出典:WEAR

ボーダートップスはきれい目なボトムスに合わせると大人カジュアルが作りやすくアラフォーも着映えしますよね。
カジュアルで幼くも見えるオーバーオールにボーダーを合わせると、いつまでも可愛らしいコーディネートが似合うと思っていると勘違いしているかのように見えてしまい、大人としての洗練されたムードは無くなります!
大人っぽさのある落ち着いた着こなしが魅力を引き出してくれるアラフォーにとって、“カジュアルで可愛らしいオーバーオールのコーデ”は浮いて見えて痛い印象しかありません。
年齢を重ねた佇まいとミスマッチでかえって老けて見えることになりそうです。

プリントが大きなインナーやトレーナーをオーバーオールに合わせると子どもっぽくなり浮いて見える

出典:WEAR

プリントが大きなトレーナーやカットソーは子どもっぽい印象になりますよね。
オーバーオールのインナーに合わせると幼く見えます。アラフォーは元々大きなプリントがデザインされているアイテムは浮いてしまい苦手なもの。
歳と共に艶やかさがなくなった肌や髪、垂れ気味なヒップラインなどが気になるアラフォーは年齢を重ねたなりの大人な着こなしがハマるもの。
子どもっぽさが際立ってしまう大きなプリントは大人には浮いてしまい痛いだけです!
若作りに見え残念な印象を与えてしまいます。

ハイテクスニーカーを合わせると足元が重く見え、盛り過ぎて若作り感が出てしまう

出典:WEAR

ハイテクスニーカーやゴツゴツしたデザインのブーツは足元に重心が行き重ためな見え感になります。
アラフォーがオールオーバーコーデに重めなシューズを合わせると足元だけ盛りすぎて見え若作り感が出てしまいます!
年齢に合っていない着こなしになるので、ある意味近寄りがたい印象に。
オーバーオール自体が重心が下がって見えてしまうもの。
シューズで抜け感を出すからアラフォーは洗練された着こなしになるので、ハイテクスニーカーなど重いものは避けるのがベターです!

足元が重く見えるシューズを選ぶとオーバーオールコーデでおばさん見えしてしまう

出典:WEAR

アラフォーがオーバーオールを大人な雰囲気で着るなら素材感や色味の他に合わせる小物も重要になります。
特に足元の軽さを演出できるシューズは大人世代のしゃれ感をアップさせるアイテムです。
軽やかさや女らしさを演出するのに一役買ってくれるシューズ選びはオーバーオールのコーデでも気を付けたいポイントですよね。
厚みがあるスニーカーを合わせると足元が重くなるので子どもっぽい印象になりアラフォーには痛く見えてしまいます。
足首が見えないロールアップも野暮ったく重く見えてしまい、幼く見えてしまいます。
大人の佇まいとの差が生まれてしまうのでロールアップするなら足首がすっきりと見せるのがおすすめです!

アラフォーはオーバーオールを着ると痛い?!②ガーリーで幼い印象のコーデ

オーバーオールにレースカーディガンを羽織るとアラフォーは老け見えしてしまう

出典:WEAR

オーバーオールはカジュアルな雰囲気のあるアイテム。
アラフォーはカジュアルなアイテムにきれい目なものを合わせることで大人なムードがまとえますよね。
しかしレースアイテムを合わせるとちぐはぐに見えてしまい、大人は痛い雰囲気になってしまいます!
オーバーオール×レースカーディガンはテイストが全く違うので、組み合わせると“ファッションに興味がない”“手に取ったものを着ただけ”な人に見えてしまいます!
オーバーオールには何でもきれい目アイテムを合わせれば良いと言うものではありません。
テイストのバランスが悪くなってしまう着こなしは、可愛く見せたいけれど浮いてしまう老け見えに繋がります!

甘目デザインのブラウスをオーバーオールにインするとガーリーになりアラフォーは痛い

出典:WEAR

アラフォーはオーバーオールのインナーにブラウスを入れるとバランスが良くなり大人カジュアルに底上げできますよね。
しかし、フリルが幼く見えるデザインのブラウスや甘すぎるものはオーバーオールに入れるとガーリーになりすぎてアラフォーには浮きます!
ブラウスなら何でも合わせればいいという訳ではなく、上品な女らしさがまとえるデザインのものを選ぶよう気をつけなければいけません。
甘めデザインのブラウスをオーバーオールにインするとガーリーな雰囲気が大人の女性にはマッチせず痛い印象になってしまいます。

ガーリーなブラウスを合わせるとオーバーオールも幼くなり過ぎて浮いて見えてしまう

出典:WEAR

とろみ感のあるブラウスはオーバーオールにインすると柔らかでフェミニンな雰囲気がまとえてアラフォーは着映えします。
しかしフリル+リボンなど甘すぎるディテールのブラウスを合わせると、オーバーオールの幼さと相まって子どもっぽい雰囲気になってしまいアラフォーは痛い人に見えてしまいます!
柔らかな雰囲気に魅せられるブラウスも色味やデザイン次第でガーリーになってしまい甘くなり過ぎてしまうことはアラフォーも認識済み。
オーバーオールと合わせるブラウスも注意が必要ですね!

カラーデニムのオーバーオールは幼さが大人から浮いてしまい違和感を与える

出典:WEAR

カラーもののオーバーオールは幼さが増すのでアラフォーには浮いてしまいます。カジュアル感がupするため、特にデニム素材のカラーオーバーオールは大人の肌や髪質の加齢を強調して見せてしまいます!
幼く見えるオーバーオールの着こなしは、大人の女性にはちくはぐな違和感を与え、周囲から見ると痛い印象に。
可愛らしいからと選んだアイテムが着てみると大人の佇まいから浮いて見えてしまうので色味選びは重要ですね!
可愛らしく幼い印象の色味は年齢に合ったファッションを選ぶことができない独特な感性のアラフォーに見えてしまい、上品で女らしい雰囲気とはかけ離れてしまいます。

ゆるシルエットのサロペット×フリルインナーは甘くなり過ぎる

出典:WEAR

ゆるいシルエットのサロペットは、アラフォーの気になる腰回りやお尻をフォローしてくれるので安心感がありますよね。
インナーに甘いフリルデザインを投入すると、ゆるシルエットと相まって、アラフォーには甘すぎる着こなしになります!
甘く可愛らしい着こなしは、大人の雰囲気からは浮いて見えてしまい、“痛い人”という印象を周囲に与えてしまいます。
年齢に合った甘さで着こなさないと、サロペットが似合わないものになってしまいます。

まとめ

アラフォーが痛印象に見えてしまうオーバーオールコーデをご紹介してきました!
オーバーオール自体はナチュラルな大人コーデに底上げできたり、カジュアルコーデのアクセントになるのでアラフォーもぜひコーディネートに投入したいもの。
例えば濃い目デニムのオーバーオールもインナーやシューズの合わせ次第で抜け感コーデになったり野暮ったいおばさんコーデになったりしますよね。

パーカーやスウェットなどラフすぎるインナーを選ばない、逆に甘いブラウスは幼く見えるので、甘さをプラスする時はさじ加減に注意

足元のすっきり感も全体の印象を大きく左右する重要ポイント!
アラフォーは中途半端に重く見えるものや厚みがあり重心が下がってしまうシューズを避け、シーズンによってバレエシューズやショートブーツなど使い分けていくのが明暗の分かれ道。
カジュアルなオーバーオールを大人の余裕ある印象に底上げするのに洋服や小物の組み合わせも工夫していきたいですね!

アラフォーの痛いファッションは?おばさんに見えてしまう着こなし!顔色の変化やくすみ、佇まいの老いなどから、好きなものを着ていれば似合うという年齢を超えてしまい当たり前に着ていたものが、かえって老け見えの原因になったりします。 素敵な大人の女性という雰囲気を出したいのに、せっかくのファッションが残念に見えてしまいます。 アラフォーが痛い印象を与えてしまうファッションをご紹介します!...
アラフォーのおばさんファッションは?老け見えする着こなしをご紹介アラフォーともなると日々の生活が忙しくなり、なかなかファッションをアップデートするための勉強をする余裕がない!と思ってる方も多いかもしれませんが、鏡を見たときに違和感を感じる服装をしているなら要注意です!...
アラフォーでフリルは痛い?残念に見えてしまうフリルコーデをご紹介しかし甘さのあるデザインなので、アラフォーには浮いて見えてしまうこともあるフリル。 ともすると幼くも見えるフリルは選ぶアイテム次第でアラフォーには違和感を与えてしまったり、浮いて見えてしまい周囲から“痛い人”と思われてしまう可能性もあります! 大人の女性としては洗練されていて上品な印象に着こなしたいもの。...
ショートパンツはアラフォーには痛い?大人に合わないコーデをご紹介丈感でムードががらりと変わるショートパンツはアラフォーを着映えさせてくれたり逆に若作りで痛い印象にしてしまったり全く違う見え感になります。 洗練された着こなしが魅力アップにつながるアラフォーはショートパンツ選びこそ気を付けておしゃれ感を上げたいもの。 アラフォーが着ると痛い印象のショートパンツコーデをご紹介します!...
アラフォーでリボンを身に着けるのは痛い?残念に見えるコーデを紹介リボンはコーデのアクセントになり、使い方やデザイン次第でフェミニンなしゃれ感をUPさせてくれ女性に華やかさを演出してくれるアイテム。 素材や色選び、リボンの位置などによってはアラフォーには幼く見え痛いという印象になってしまうことがあるリボン。 大人が痛く見えてしまうリボンコーデをご紹介します!...
アラフォーで膝丈スカートは痛い?周囲を引かせるコーデをご紹介!アラフォーになると大人な落ち着いた印象や上品で洗練された雰囲気が大切になってきますが、ひざ丈スカートは“可愛らしい雰囲気”がより強くなるアイテムです。 着こなしによっては周囲に痛い人という印象を与えてしまいがち。 アラフォーが着ていると痛いと思われてしまう膝丈スカートのコーデをご紹介します!...