40代が痛く見えるファッション

40代はかわいい服が似合わない?大人が痛く見える甘いコーデをご紹介

こんにちは!
アパレル販売員歴10年のaoiです。
アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを日々勉強・研究しています。
かわいい洋服は大人を柔らかく優し気な印象に魅せてくれ、親しみやすい雰囲気をまとわせてくれますよね。
しかし組み合わせやアイテムの選び方によっては40代には浮いて見えてしまい、ちぐはぐな違和感を与えることがあります!
ただ甘いものを組み合わせればよいという訳ではない大人の“かわいい着こなし”。
好きなものを寄せ集めただけの着こなしは痛く見える原因になります!
40代が着ると痛い可愛い洋服の着こなしをご紹介します!

40代がかわいい服が似合わないのはなぜ?

40代になると甘く可愛らしいアイテムの着こなしも工夫が必要になってきます。
とはいえ、好きなテイストは簡単には変えられないもの。
うまくコーディネートに取り入れて、大人の上品さや洗練されたムードのある着こなしをしたいですよね。
40代がかわいい服が似合わない理由とは?

40代がかわいい服が似合わない理由

①ガーリーで幼い印象のコーデは大人の佇まいから浮いて見える
②甘いアイテム同士を組み合わせてしまうと年齢に合っていないちぐはぐな違和感を与える
③フリルやリボンを甘く着ると若作りに見えしまう

①ガーリーで幼い印象のコーデは大人の佇まいから浮いて見える
「可愛らしく女の子らしい服装」が、いくつになっても若々しく魅せられるというのは、40代には痛い勘違い。
少女感のある可愛らしくガーリーなコーデは、大人の佇まいとは正反対のもの。
年齢を重ねた40代の、衰えてきている部分を際立たせて、かえっておばさん見えさせてしまいます!
年齢相応に似合うものが分かっていない人。
いくつになっても幼さのある可愛らしい服装がマッチすると勘違いしている人。
という認識をされてしまい、痛い人に見られてしまいます。

②甘いアイテム同士を組み合わせてしまうと年齢に合っていないちぐはぐな違和感を与える
例えばフリルやリボン、レースや花柄など甘さのあるアイテムは、大人のコーデにもアクセントをくれるもの。
しかし、甘いアイテム同士を組み合わせた着こなしは、大人の優雅さや洗練されたムードからは遠く離れてしまいます。
40代ともなると、上品なムードをまとうことで大人の余裕が感じられますよね。
甘いアイテム同士のコーディネートは、“年齢相応の服装が分からないひと”
という印象を与えてしまい、服装と顔つき、体型とのギャップが40代をおばさん見えさせます。

③フリルやリボンを甘く着ると若作りに見えしまう
フリルやリボンは女性らしい印象を作れるデザイン。
きれい目なアイテムやきちんと見えコーデに投入することでフェミニンな華やかさをプラスできます。
でも、「可愛らしい格好=若く見える」と勘違いして甘めなコーディネートを組むと、40代の大人の女性には浮いてしまい痛い人に。
年齢を重ねた佇まいを、甘すぎる着こなしはより浮き彫りにして、老け見えを加速させてしまいます!
髪質や体型など、40代になりマイナスな一面を見せるようになってきた所が、甘すぎるフリルやリボンの着こなしによって老けが増して見えます。
大人の落ち着いた雰囲気が感じられず、“痛いおばさん”になります。

 

40代はかわいい服が似合わない?①甘×甘アイテムを組み合わせた着こなし

チュールスカート×ボウタイブラウスの着こなしは老け見えしてしまう

出典:WEAR

一見上品な組み合わせで女らしさをアップして着られそうなチュールスカートとボウタイブラウスの組み合わせは40代がするとかえって老けて見えてしまい、残念な印象になります。
年齢を重ねればおしゃれなマダムとしてしっくりくる着こなしも、40代がすると中途半端でおばさん見えしてしまいます。
甘いアイテムを組み合わせて着るのは、かわいい印象というよりも老け見えを加速させてしまいます。

レーススカートにレーススニーカーを合わせた甘い着こなしはかわいさよりもキケン人物に見える

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200607190550872_276.jpg
出典:WEAR

“かわいく魅せたい”“若く魅せたい”“まだまだかわいい洋服が似合う”と意気込んでレースをふんだんに使った着こなしをすると40代は痛く見えてしまいます。
年齢を重ねた顔つきや佇まいとはちぐはぐな可愛さがあるレースの着こなしは周囲に“キケン人物”と認定されてしまうほど浮いて見えます!
かわいく魅せたい気持ちが強すぎて、レースインナー+レーススカート+レーススニーカーなど抜けどころのない着組み合わせをするのは、かわいい印象ではなく、もはや危ない人。
“かわいい服を着ること=若い”ではないので、甘いアイテムをワンコーディネートに投入しすぎないよう気を付けたいものです。

大振りなフリル襟×フレアワンピースの重ね着は甘さが増してしまい大人には痛く映る

MAJESTIC LEGON|マジェスティックレゴンルミネエスト新宿店スタッフさんの「アンクルリボンsetサンダル(MAJESTIC LEGON|マジェスティックレゴン)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

大きな襟はコーディネートのアクセントにもなるので、マニッシュなパンツなどに合わせて着ると40代は着映えしますよね。
フリルが付いた襟は可愛らしい雰囲気のフレアワンピースに合わせると甘さが増してしまい、大人が着ると痛い印象になります。
かわいい洋服を身に付けたくとも、コーディネートに2点以上投入すると、落ち着きがなく、いつまでも見た目に“少女感”を引きずっているように見えてしまいます。
顔まわりに甘さがくるフリル襟は、合わせるボトムスに要注意です。

リボンブラウスと甘目ピンクの着こなしは可愛らしすぎて大人は痛い

🐰ㅤメ イ メ イㅤ🐰さんの「レースボウタイブラウス【ZOZOTOWN限定アイテム】(apres jour|アプレジュール)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

洗練された印象に底上げしてくれるリボンブラウスは40代のコーディネートにも一役買ってくれるアイテム。
かわいく見せたいがゆえに、ピンクのスカートを合わせると大人には甘くなりすぎて、浮いて痛く見えます。
年齢に合ったファッションにアップデートできない人のようになってしまいます。
ともすると、リボンブラウスと甘目ピンクの組み合わせは、見た目年齢よりも精神年齢がかなり低く見えてしまい、ある意味近寄り難いイメージに。
特に、リボンブラウスに膝が見える丈のピンクスカートを合わせると痛さが増してしまいます!

40代はかわいい服が似合わない?②柄の選び方が幼く浮いて見える

ポップな色合わせの花柄ワンピースは可愛らしい雰囲気が大人には浮いて見えて痛い

出典:WEAR

花柄は大人の着こなしにアクセントを与えてくれるアイテムですよね。
柄の大きさや色合いでシックに魅せられたり甘く幼い印象になったりと選び方で雰囲気が大きく変わる花柄は40代が着るなら注意が必要です。
ポップな色合いの花柄は、可愛らしく幼さがあるので大人が着ると若作りを無理してやっているように見えてしまい、周囲に痛いと思われてしまいます。
自分に似合うファッションがわかっていないというような印象すら与えてしまいうのであまりにも可愛すぎる花柄は避けるのがベストです。

花柄の甘シルエットワンピースは昔のモテ服を引きずっているように見えてしまう

みさかさんの「ミニフラワーはしごレースプリーツワンピース【WEB限定サイズ】(index|インデックス)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

柔らかく見えるフォルムのワンピースは、年齢を重ねた大人の佇まいも包んでくれて、優しげに見せてくれますよね。
シルエットだけで十分甘さがあるワンピースは、花柄を選ぶと40代にはかわいくなり過ぎてしまいます!
若い頃に着ていた“モテ服”をいつまでもひきずっていて、それが似合うと勘違いしているように見えます。
年齢に応じて、素敵な女性に見える服装は変化します。
“昔のモテ服”年相応の、女性らしく見えるファッションを知らない人と思われてしまいますね。

とろみ素材×花柄は甘さが増して大人の佇まいから浮いて見える

あちさんの「マジョリカプリーツブラウス(ikka|イッカ)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

とろみ素材のブラウスやフレアスカートは40代を優しげに見せてくれるもの。
しかし、その二つを組み合わせてしまうと、甘さが増した印象の着こなしになります。
40代はかわいい服を組み合わせると、大人の佇まいから浮いて見えてしまい、似合わない印象に。
花柄のフレアスカートも、とろみ素材のブラウスも、どちらも一つだけで主役級の甘さが演出できます。
かわいい服を好きだからと組み合わせてしまうのではなく、すっきり見えるような工夫が必要です!

ティアードデザインに花柄が乗ると年齢とのギャップが大きくなり浮いてしまう

MAJESTIC LEGON|マジェスティックレゴンルミネ大宮店スタッフさんの「エアリーティアードスカート(MAJESTIC LEGON|マジェスティックレゴン)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

柔らかくフェミニンに魅せてくれるティアードスカートは、40代もカジュアルアイテムや辛口コーデにMIXさせることで華やかなになりますよね。
甘いティアードスカートにかわいい花柄が施されていると、40代にはくどく映ってしまいます。
年齢を重ねて、くすみがちな肌や丸くなる姿勢などの大人の佇まいと、かわいすぎるデザインの洋服はギャップが大きくなってしまいます。
かわいらしさがかえって老けを加速させて見せてしまうことがあるので、甘めなデザインの洋服はくどくないものを選びたいですね。

40代はかわいい服が似合わない?③大人には浮いて見える甘い色のコーディネート

パステルピンクは大人のくすみを際立たせ若作りに見せてしまう

出典:WEAR

ピンクは大人の顔映りも柔らかく優し気に魅せてくれるので、コーディネートにもうまく投入していきたいですよね。
ピンクは色の幅が広く、くすみカラーなら大人にも馴染むので大人の着こなしにも活躍してくれます!
しかしあまりにも可愛らしく映ってしまうパステルピンクは、40代のくすみやクマなどをきわだたせてしまい老け見えさせてしまいます!
可愛らしく甘い印象のピンクと大人の顔つきとの違和感が40代をおば見えさせてしまい、無理にかわいく魅せようとしている印象を与えてしまいます。

パステルカラーのミニ丈ワンピースは年齢に合ったものを選べない人のように見えてしまう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20180216072040418_276.jpg
出典:WEAR

明るい色ものは大人の顔映りや肌映りを明るくしてくれるため、コーディネートの投入して柔らかさを演出させてくれますよね。
淡く白交じりの柔らかなパステルカラーは、40代の顔色には浮いて見えてしまうため避けるのがベター。
若い頃のモテファッションを引きずっているような印象を与えてしまい、ファッショの感覚をアップデートできない人という印象を与えてしまいます!
また、パステルカラーのミニ丈ワンピースはたるんできたひざ周りなども露出してしまうため、大人の落ち着きがないように見られてしまい残念に見えます。

甘さが強くなる淡いピンクのマーメイドスカートはトップス次第で老けて見える

MiRichan40歳のアイドルさんの「マーメイドレーススカート(SNIDEL|スナイデル)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

かわいい服が着たいな、と思った時、ピンクは外せないカラー。
淡めピンクも合わせるアイテムによって大人の魅力を引き出してくれます。
かわいらしいデザインのトップスや、フリルやリボンなどを投入すると、ピンクスカートの甘さが増してしまい、40代には浮いて老けて見えてしまいます。
大人に甘い着こなしが浮いて見えるのは、異質感があるから。
40代の肌や髪質など、ツヤ感が失われつつあるものと、かわいいファッションとのギャップが“似合わない”印象に見せてしまいます。

ピンクは色合いによってフリルやリボンデザインが大人にはくどくなってしまう

EC事業部|Lejaさんの「【LEJA】リボン付き配色ベロアレースドレス結婚式 ハイウェスト 美脚効果(Leja|レジャ)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

ピンクはそれ自体で甘くかわいい印象を演出できるもの。
フリルやリボンデザインが付くことで、かわいさが加速します。
40代になり年齢を重ねると、落ち着いていて洗練されたムードの洋服が着映えしてきます。
かわいさを全面に出したピンクの着こなしは、大人にはくどく見えてしまい、品の良さからは遠ざかってしまいます。
ピンクのフレアブラウス×フレアスカートなど上下で甘くなるようなコーディネートは避けたいですね。

40代はかわいい服が似合わない?④ガーリーな雰囲気のアイテムを着ると痛く見える

肩ベルトが太いジャンパースカートは幼く見えるため大人には馴染まない

出典:WEAR

ジャンパースカートは大人の体型をさりげなくフォローしてくれ、着ただけで女らしさをまとわせてくれるアイテム。
肩ひもの太さで印象が大きく変わるので、デザインに注意して選びたいですよね。
肩ひもが太いジャンパスカートは大人かわいい印象よりも“幼い印象”の方が際立つため、40代が着るとちぐはぐな違和感を与えてしまいます。
生地感が硬いものやデニム素材も幼さが調教されて大人には合わないことが多いので、肩ひもの太さと合わせて選ぶときに見ていきたいポイントです!

ひざ上ミニスカートは40代が着ると年相応の落ち着きがなく見えてしまう

出典:WEAR

昔のモテファッションにひざ上ミニスカートもあったかもしれませんが、40代が着ると品がなく大人の落ち着いた雰囲気がないように見えてしまいます。
体の露出部分も露骨に多くなり、昔の流行りをひきずったまま着こなしをアップデートできない印象になり、痛いと思わっれてしまいます!
スカート丈が短くてかわいいのは若い頃だけ。
40代になったら大人の余裕を感じさせる品の良いスカートコーデをするのが大人が着映えする“かわいい”を作るコツになります。

ひざ上丈のワンピース×オーバーサイズニットの組み合わせは大人には甘すぎる

natural couture|おまいさんの「ループヤーンおしゃれカーデ(natural couture(ナチュラルクチュール)|ナチュラルクチュール)」を使ったコーディネート
出典:WEAR

膝が見える丈のワンピースは、大人には甘すぎて浮いて見えがち。
ワンピースは膝が出ると幼くなり、40代には似合わない印象になりますよね。
肌の露出部分が多くなると、大人には浮いて見えてしまいます。
オーバーサイズのカーディガンは、大人の着こなしにも馴染みますが、膝上丈のワンピース合わせだと甘さが増してしまいます。
ワンピース×ゆるニットカーディガンの組み合わせは、ワンピースの着丈に気を付けないと、40代にはかわいい印象になりすぎて、似合わないと思われてしまいます。

ティアードデザインのワンピースは柔らかな色遣いだと浮いて痛く見える

MiRichan40歳のアイドルさんの(SNIDEL|スナイデル)を使ったコーディネート
出典:WEAR

柔らかなパステル調のカラーは、甘いデザインを選ぶと40代にはかわいくなり過ぎて、ちぐはぐな違和感を与えてしまいいます。
ティアードデザインはそれだけで柔らかく甘めな印象になるので、可愛らしいパステルカラーだと、大人には浮いて見えて似合わないように見えてしまいます。
落ち着いていて洗練されたムードが着映えする40代は、甘さを抑えた大人かわいい着こなしがマッチします!
デザインとカラーの組み合わせも吟味して、上品見えさせられるような取り入れ方をしたいですね。

まとめ

40代が似合わないかわいい洋服の着こなしをご紹介しました!
40代は“大人かわいい”着こなしをするのに、甘いアイテムを上下合わせたり、甘いディテールのアイテムを着るだけでは浮いて見えてしまい痛い印象を与えます。
かわいいアイテムは前面に甘さを押し出して着るのではなく、コーディネートのエッセンスとして取り入れることで大人に柔らかさを与えてくれます!
かわいさが全面に出た、甘さが主役級の着こなしではなく、さりげなく取り入れるのが40代に上品さを与えてくれます。
かわいい洋服は甘くなり過ぎないよう、組み合わせに気を付けてきたいですね。

大人可愛いコーデ!40代におすすめなコーディネートをご紹介40代は“かわいい”を見直す時期。 どんなに好きでも甘×甘の組み合わせをすると、年相応に見えず周囲に痛い人という印象を与えてしまいます! 抜け感があったり甘いだけでない着こなしをすることが40代をおしゃれに魅せてくれます。 可愛らしさもあり、大人の余裕が垣間見える40代におすすめな着こなしをご紹介します!...
40代の大人可愛いコーデ!おしゃれな着こなしをご紹介!好きなものがなんでも似合う年齢ではなくなったからこそ、甘めなアイテムに手を出すのも躊躇してしまいますよね。 大人を柔らかく魅せられるはずの可愛い着こなしは迷いがち。 ただ甘いだけの着こなしではなく、洗練されていて品のある印象に魅せることが重要ですよね! 40代にマッチするおしゃれで可愛い印象のコーデをご紹介します。...
40代の痛くないファッションは?痛いと思われない大人コーデをご紹介40代になり年齢を重ねると、好きな洋服がなんでも似合うという訳ではなくなりますよね。 40代が着ていても痛くないファッションを目指すあまり、無難で面白みのない着こなしになってしまい、かえって老け見えの原因になることもありますよね! 大人が着映えし素敵に見えるコーディネートをご紹介します!...
40代主婦の普段着は?気分が上がる大人の着こなしをご紹介! こんにちは!アパレル販売員歴10年aoiです。アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを...
白シャツワンピのコーデは?40代が着映えする着こなしをご紹介! こんにちは!現役アパレル販売員しいたけです。アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを日...