40代が痛く見えるファッション

40代はキャップが似合わない?痛く見える理由とコーデ!

こんにちは!
アパレル販売員歴10年aoiです。
アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを日々勉強・研究しています。
スポーティでカジュアルなキャップはラフな印象を与えますよね。
日よけだけでなく、おしゃれアイテムとしても活躍するキャップですが、40代がかぶると時にスポーティすぎて浮いてしまい若作りに見えることもあります。
40代がすると痛いキャップコーデをご紹介します!

40代はキャップが似合わない?痛く見える理由は?

キャップはスポーティで子どもっぽい印象を与えることもあるアイテム。
キャップ自体が存在感のあるアイテムなので、うまくコーデに取り入れることができればおしゃれな抜け感が演出できますよね。
かぶり方やどんなアイテムに合わせるかで、おしゃれになるかやんちゃっぽい印象を与えてしまうか変わってきます。
帽子の中でも比較的シンプルで使いやすいキャップも合わせるコーディネートによっては40代には浮いてしまいます。

40代がキャップが似合わない理由

①キャップのデザイン自体が浮いている
②サイズが合っていない
③髪型が合っていない
④ラフな服装に合わせてしまっている


40代に似合わない理由を避けて選べば、キャップコーデも怖くなくなります!

40代はキャップが似合わない?①キャップのデザイン自体が浮いている

フライトキャップはメンズライクに寄りすぎる

出典:WEAR

メンズライクな印象がこなれ感を演出してくれるフライトキャップは、ラフな着こなしにマッチしますよね。
40代はラフすぎる着こなしは浮いて見えてしまい痛い印象を与えます。
また、40代はメンズライクなアイテムをラフな着こなしに合わせると、手抜きに見えてしまうこともあるので要注意です!

キャップのカラーが顔色と合っていない

出典:WEAR

ポップな色合いのキャップは、かぶるだけでワクワクとした気分を高めてくれるもの。
色合いによっては子どもっぽく映ったり、浮いて見えてしまうこともあるカラーキャップは、シンプルな服装か、女っぽさのある着こなしに投入するとうまくいきます。
顔映りにあったもの、ポップすぎて浮かないものを選ぶのがポイントです。

顔映りがくすんで見えるものを選ぶと似合わなくなる

出典:WEAR

キャップは顔のすぐ近くにあるものなので、顔映りに大きく影響します。
グレー系やベージュ系など、自分の顔色に合っていないものを選んでしまうと似合わない印象に。
顔色がくすんで見えたり、暗く老け込んだような印象になってしまうこともあります!
顔映りが明るく、表情が活き活きと魅せられる、自分に合ったカラーにするのがおすすめです。

40代はキャップが似合わない?②サイズが合っていない

キャップのサイズが小さいと浮いて見える

出典:WEAR

キャップが似合わないと感じる理由に、サイズ感がそもそも合っていないことがあります。
頭が大きいと、小さ目なキャップをかぶってしまうとバランスが悪くなり、浮いて見えてしまいます。
大き目なキャップやアジャスター付きのものを選んで、自分の頭の大きさよりも少しゆとりを持ってかぶると印象が変わります。

顔が大きいとキャップが浮いて見える

出典:WEAR

顔が大きいと、キャップとのバランスが悪くなり、浮いて見えてしまっている可能性があります。
ツバの大きさやトップのサイズが合っていないと、何となく違和感を感じて「似合っていない」と感じることが多くなりがちです。
ツバの大きいものだと小顔効果が期待できるので、つばが広いものを選ぶのがおすすめです。

40代はキャップが似合わない?③髪型が合っていない

無造作なヘアスタイルに合わせると老けて見える

出典:WEAR

キャップをかぶる時に、おしゃれに見えるかそうでなくなるかは、ヘアスタイルも大きく関係しています。
無造作すぎるまとまりのない髪型は、40代は老けて見えてしまい、ただボサボサな頭を隠したいだけのようになります。
女らしさも出せるような、まとめ髪をするとうまくいきます。

かっちりとしたまとめ髪はラフに見える

出典:WEAR

かっちりとまとめただけの髪型は、40代は余裕がなく見えてしまうことも。
特にキャップをかぶる時は、おしゃれよりも野暮ったさを隠すためのように見えてしまい、おばさんぽさが出てしまいます。
適度に後れ毛を出すことで、こなれ感がUPし、顔も小さく見える嬉しい効果があります!

ショートヘアもぼさぼさすぎると老けて見える

出典:WEAR

ショートヘアにさっとキャップをかぶると、こなれ感がUPしておしゃれになりますよね。
しかし、いくら隠せるからと言って、無造作でぼさぼさなだけのヘアスタイルにかぶっても、手抜きにしか見えません。
前髪を流したり、後ろ髪を整えるなど、女らしさと清潔感の両立が叶うように見せる工夫が必要です。

40代はキャップが似合わない?④服装がカジュアル過ぎる

どカジュアルな服装にキャップを合わせると違和感が出る

出典:WEAR

シンプルなトップス×デニム×フラットシューズなどの着こなしにキャップを合わせたどカジュアルな着こなしは40代の大人の女性には浮いてしまいます。
髪を下しただけの状態にキャップをかぶるのも、疲れた印象に見せてしまいます。
年齢を重ねて、たるみやくすみが出てきた大人の顔つきに、どカジュアルな着こなしはちぐはぐな違和感を与え痛い印象にしてしまうもの。
体を動かすようなシーンでの着用なら問題ないですが、タウン着のおしゃれとしては避けるのが無難です。

デニムのカジュアル過ぎるコーデには浮いて見える

出典:WEAR

マウンテンパーカーも大人が着やすいアイテムですよね。
フェミニンなボトムスに合わせて着ると40代のコーディネートにも馴染みます。
しかしデニム×キャプのかなりカジュアルでシンプル過ぎる組みあわせで着てしまうと、やんちゃ感が出てしまい大人の品の良さからかけ離れた印象になります。
カジュアルアイテムを投入するにもどことなく女っぽさや品の良さを感じさせる着こなしでないと浮いて見えてしまいます。

スポーティすぎるコーデに合わせると若づくりに見えて痛い

出典:WEAR

ジャージ―にキャップを合わせたラフでスポーティな着こなしは、若者がするからこそ着映えする着こなし。
40代に大人がするとただの若作りに見えてしまい、むしろやんちゃ感が出て落ち着きがない印象に見えます。
大人の余裕を感じるおしゃれな着こなしどころか、無理をして若作りをしている痛い人というイメージの方が強いです!

カジュアルコーデにキャップをあわせると浮いて見える

出典:WEAR

スウェット×チノパンツのラフでシンプルな着こなしは40代には浮いてしまうもの。
アクセント付けるための小物としてキャップを投入するとさらにラフな印象になってしまい大人の顔つきには浮いた印象になってしまいます。
顔つきとラフな着こなしとのギャップが大きく、ちぐはぐな印象になるので浮いてしまい違和感を与えます。

地味色コーデは老けて見えキャップも浮く

出典:WEAR

地味色のコーディネートは40代を老けさせて見せてしまい、おばさん化します。
アクセントを付けようとキャップをかぶるも、地味な着こなしと大人の顔つき、スポーティなキャップのどれもがちぐはぐな感じで浮いてしまいます。
スカートなどフェミニンアイテムを投入しても地味でおばさんぽい印象はぬぐえず、キャップを投入したことでさらに痛い印象になってしまいます。

プリントTシャツにキャップを合わせると40代は若作りに見える

出典:WEAR

大きなロゴTシャツやプリントTシャツは、幼く子どもっぽい印象があり40代には浮いてしまいますよね。
そこにキャップを投入しても印象は変わらず、さらに幼い印象になってしまいます。
40代はカジュアルでも幼さのある着こなしは若作りに見えて痛くなってしまいます。
ロゴやプリントのあるTシャツは避けるのがベストですね。

まとめ

40代がキャップが似合わないと感じる理由とコーディネートをご紹介しました!
洗練られていて品の良さが着映えする40代にとって幼くカジュアルなキャップは洋服の着こなし次第で見え感が大きく変わるもの。
キャップ自体が痛いのではなく、合わせる服装で印象はがらりと変わります。
大人カジュアルやフェミニンアイテムを組み合わせるなどして大人な印象の着こなしをしていきたいですね!

アラフォーでキャップは痛い?大人に浮いてしまうコーデをご紹介!レジャーや屋外で過ごす時に役に立つキャップはファッション性も高く、休日気分が高まるアイテムですよね! スポーティな印象が強くなる分、アラフォーにはどカジュアルになってしまい、着こなし次第で若作りに見えたりラフすぎて浮いてしまうこともあります。 アラフォーが痛く見えてしまうキャップを使ったコーデをご紹介します!...
40代でオーバーオールは痛い?ちぐはぐな印象を与えてしまう着こなし楽に着られて気負わないカジュアルスタイルは、40代の大人の女性が身に着けたい着こなしですよね。 オーバーオールは抜け感のあるこなれたスタイリングが楽しめるアイテム。 しかし、着こなしや選び方によっては40代には浮いて見えてしまい、痛い印象になることもあります。 40代が痛く見えるオーバーオールの着こなしをご紹介します!...
40代のきれいめなスニーカーコーデ!大人が映える着こなしをご紹介!スニーカーは動きやすさもあり、着こなしをカジュアルにしてくれる、実用性とおしゃれ感を兼ね揃えたアイテム。 最近では通勤もスニーカーにしたり、ワンマイルのお出かけでも気軽にはけるので、活躍の場が増えていますよね! 大人にマッチするきれいめなスニーカーコーデをご紹介します!...
ワイドパンツ×スニーカーの40代コーデ!大人な着こなしをご紹介!ワイドパンツは、時にはスニーカーを合わせて楽ちんコーデに頼りたい日もありますよね。 しかしカジュアルテイストのワイドパンツにスニーカーを合わせると40代はちぐはぐになり老けて見える心配があります! 大人もすっきりとおしゃれに着こなせるワイドパンツ×スニーカーの着こなしをご紹介します!...
40代主婦の普段着は?気分が上がる大人の着こなしをご紹介! こんにちは!アパレル販売員歴10年aoiです。アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを...
40代ファッション!普段着の好印象な大人な着こなしをご紹介します! こんにちは!現役アパレル販売員しいたけです。アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人の女性にマッチする着こなしを日...
40代がおばさんに見える痛いファッションの特徴をご紹介!女たるもの、やはり周りから老けてきたと思われてしまうのはショックですよね。 ずっと使えるかどうかだけで無難なアイテムを選んでいると、いつしかそれがおばさん化の後押しに! 40代が老けてしまいおばさんに見える服はどんなものでしょうか? 40代がおばさんに見えてしまう服の選び方をご紹介していきます!...
40代がおばさんに見えるファッションは?老ける着こなしをご紹介「体型が崩れてきた、気になる所を隠したい」という気持ちや昔のトレンドを引きづったままアップデートできないと“服装に無頓着なおばさん”のような印象を周囲に与えてしまいますね。 大人っぽさや上品さが魅力なはず40代が、残念なファッションのおばさんに見えてしまう服装をご紹介します。...
大人可愛い40代のファッションは?おすすめコーデをご紹介!かわいい印象に映るコーディネートは40代を柔らかく魅せてくれるため、親しみやすさが演出できますよね。 大人にちょうどいいさじ加減のかわいい着こなしは“甘目アイテムを脇役にできるかどうか”で決まります。...
40代はかわいい服が似合わない?大人が痛く見える甘いコーデをご紹介かわいい洋服は大人を柔らかく優し気な印象に魅せてくれ、親しみやすい雰囲気をまとわせてくれますよね。 組み合わせやアイテムの選び方によっては40代には浮いてしまい、ちぐはぐな違和感を与えます。 好きなものを寄せ集めただけの着こなしは痛く見える原因になります! 40代が着ると痛い可愛い洋服の着こなしをご紹介します!...