40代のワンピースコーデ

40代で白ワンピースは痛い?おしゃれに着こなすコツをご紹介

こんにちは!
アパレル販売員歴10年aoiです。
アパレル販売員として毎月数冊のファッション雑誌に目を通し大人女性にマッチする着こなしを日々勉強・研究しています。
白のワンピースは上品で清楚な印象になりますよね。
顔映りが明るくなるけど派手でない雰囲気が作れ、女っぽさと爽やかさの両立が叶います。
ただ、デザインや着こなしによっては甘くなり過ぎたりして大人の女性が痛く見えてしまうものもあります。
40代が痛く見えてしまう白ワンピースの着こなしと、品よく魅せるコツご紹介します!

 

40代が白ワンピースを着ると“痛い”と思われてしまう理由

清楚で華やかなに見える白ワンピース。
ともすると、幼く見えたり、着こなしによっては老けて見えてしまうので“40代が着ると痛い”と思われてしまうことも。

40代が白ワンピースを着ると“痛い”と思われてしまう理由

①どカジュアル過ぎると違和感を与える
②ガーリーなものを選ぶと浮く
③素材やシルエットによって老けて見える
④攻めすぎたデザインは痛く見える


カジュアルすぎる着こなしや、甘いデザインは大人にはマッチせずに浮いてしまいます。
大人が痛い印象になってしまう着こなしをご紹介します!

 

40代で白ワンピースは痛い?①どカジュアル過ぎると違和感を与える

白デニムのジャンパースカートは幼く見えてしまう

出典:WEAR

ジャンパースカートはヘルシーで健康的な印象のアイテムですよね。
お腹やお尻などの体型カバーもしっかりできて大人に嬉しいワンピース。
しかし白デニム素材を選ぶと幼い印象になってしまい、40代には浮いて見えます。
また、胸元や背中の布面積が大きいほど幼さが増すので、大人の顔つきとのギャップがちぐはぐな印象を与えて違和感になってしまいます!
白デニム素材のジャンパースカートを着るときは布面積に気を付けて選びたいですね。

40代で白ワンピースは痛い?②ガーリーなものを選ぶと浮く

ティアードデザインは可愛らしくなりすぎて浮いてしまう

出典:WEAR

ティアードデザインのワンピースは柔らかく女っぽさが演出できるアイテム。
40代は白ワンピースでティアードデザインを選ぶと甘くなりすぎて浮いてしまいます。
柔らかに膨らむシルエットも相まって、白だと幼い印象にもなりがちです。
また、ウエストに切り替えがないものやベルトマークせずに来てしまうと体型隠しに見えて余計に体が大きく見えてしまいます!
ティアードワンピースは黒などシックな雰囲気が大人におすすめです。

小花柄のワンピースは白ベースのカラーだと若作りに見える

出典:WEAR

小花柄は柔らかく、女っぽさが引き立つため、40代もコーデに投入しやすいですよね。
甘くなりすぎないので、さりげなく取り入れやすい小花柄ですが、白ベースだと大人には甘くなりすぎて無理して若づくりしているように見えてしまいます。
白は清楚で清潔感のある印象ですが、柄で甘く見えてしまうことがあります。
顔色を明るく見せるために選んだ白ベースの小花柄は大人の顔つきから浮いてしまい、たるみやくすみを際立たせてしまうので要注意です。

甘いレースだと幼い印象が強くちぐはぐな違和感を与える

出典:WEAR

レースワンピースは、上品でシックな印象のものと、可愛らしく甘い印象のものがありますよね。
レースが花柄で糸が太いものを使われていると、子どもっぽい幼い印象になります。
幼く可愛らしいレースの白ワンピースは40代の大人の女性が着ると浮いてしまい、痛い印象になります!
逆に繊細な雰囲気の糸が細いレースは上品で大人の魅力を引きたたてくれます。
レースを選ぶときは柄や糸の太さも気を付けたいですね。

40代で白ワンピースは痛い?③素材やシルエットによって老けて見える

ナチュラル素材はぼやけしまい老けて見える

出典:WEAR

綿や麻などナチュラル素材の白やキナリのワンピースは柔らかな印象に見え、着心地も楽なため大人のワードローブに欠かせないですよね。
ふんわりとした雰囲気が優し気に見せてくれます。
柔らかな印象に見える白ワンピースは、40代が着ると顔映りがぼやけて見えてしまうこともあります。

ふんわりと広がるAラインシルエットはおばさん見えする

出典:WEAR

ふんわりとしたシルエットのシャツワンピースは、ウエストマークがない分体が大きく見えます。
体型カバーしたい気持ちが全面に出すぎて、かえっておばさんに見えてしまうことがあります。
肩にストールを乗せると、老けて見えてしまいます。
中間色のストールを肩にかけると、実年齢よりもかなり年を取って見えてしまいますね。

40代で白ワンピースは痛い?④攻めすぎたデザインは痛く見える

体のラインを拾うシルエットだと目のやり場に困ってしまう

出典:WEAR

女性らしさを演出するために体のラインを出したシルエットのワンピースを選ぶと“痛い人”に見えてしまうことがあります。
体のラインを拾いすぎるシルエットの白ワンピースは40代が着るとなまめかしくなってしまい、周囲が目のやり場に困ってしまいます。
特に白だと清楚な印象とボディラインを強調したデザインのギャップが大人には不向き。
適度なメリハリは◎でも、やりすぎるとおばさん見えしてしまいます。

40代が白ワンピースをおしゃれに着こなすコツ

40代が甘さのある白ワンピースを着るなら、上品で落ち着いたムードのある着こなしにしたいもの。
幼く見えてしまうと、年齢にあったファッションが分からない人に見えてしまいます!

40代が白ワンピースをおしゃれに着こなすコツ

①マキシ丈を選んでフェミニン上品な印象に見せる
②カラーアイテムを合わせる
③シャツを羽織ればヘルシーな大人カジュアルになる
④レイヤードで抜け感を出す


大人の女性にしっくりくる着こなしのコツを抑えて、爽やかに着こなしたいですよね。

 

40代におすすめな白ワンピースコーデ①マキシ丈を選んでフェミニン上品な印象に見せる

マーメイドスカートならエレガント感がUPする

出典:WEAR

白のワンピースもマキシ丈にするだけで、エレガントさがぐっと増します。
柔らかな女っぽさが演出できるマーメイドラインなら、大人の落ち着いたムードを醸し出せます。
長さがしっかりとあるスカート丈なら、優雅な雰囲気が出せ、体系の悩みも一掃してくれますね。

ハイウエスト切り替えならシャープになる

出典:WEAR

40代になり年齢を重ねると、腰やおなかまわりの肉感が気になりますよね。
白は膨張して見えてしまいそうという心配も。
ハイウエスト切り替えなら、ボディラインに自然とメリハリがついてすっきりと見せられます。
マキシ丈は足元から優雅さがUPするので、切り替えデザインもフェミニンに映ります。

40代におすすめな白ワンピースコーデ②カラーアイテムを合わせる

キャミワンピースはインナーでメリハリがつけられる

出典:WEAR

白はどんな色とでも合わせやすく、レイヤードスタイルにしやすいカラー。
キャミワンピースのように着ただけで女っぽさが増すアイテムも、インナーに色物を合わせれば表情まで柔らかく魅せられます。
優しい色を合わせても、カラー×白の柔らかなメリハリがが付くので、のっぺりとならずに立体感が生まれます。

カラーカーディガンなら鮮度がぐっとあがる

出典:WEAR

ぱきっとした色味は、大人になるほど着映えするもの。
白のワンピースに羽織るなら、明るいカーディガンがこなれ感を上げてくれます。
大人の顔映りを華やかにしてくれ、輪郭もすっきりと見せてくれる明るいカラーカーディガン。
白に合わせることで鮮度が上がり、女っぽく華やかな印象にしてくれます。

40代におすすめな白ワンピースコーデ③シャツを羽織ればヘルシーな大人カジュアルになる

甘めなデザインにはカジュアルシャツを羽織ってヘルシーに

出典:WEAR

レースの甘めなデザインワンピースは、甘くないアイテムを合わせれば大人のコーディネートがうまくいきます。
カジュアル感のあるシャツなら、マニッシュさがワンピースの甘さを抑えてくれます。
ヘルシー度が上がることで、くどくならずに40代に寄り添ったコーディネートが叶いますね。
ジャツを羽織れば、気負わず簡単に大人可愛いが完成します。

オーバーサイズシャツはこなれたムードが演出できる

出典:WEAR

大人の体型にベールをかけてくれるオーバーサイズシャツは、羽織としても優秀です。
白のワンピースもシャツを合わせれば、抜け感が出てこなれたムードが演出できます。
どんな着こなしでも甘さのあるワンピース。
ゆるいシルエットのシャツを羽織れば、カジュアル感と可愛さの両立が叶う大人カジュアルな着こなしになります。

40代におすすめな白ワンピースコーデレイヤードで抜け感を出す

パンツを合わせたモノトーンコーデは品の良さがにじみ出る

出典:WEAR

素の自分から爽やかさやがなくなってくる40代。
洋服の力を借りて、すっきりと見せたいもの。
白のワンピースにパンツを合わせたレイヤードスタイルなら、肌の露出を抑えて女っぽい着こなしができます。
モノトーンにすることですっきり感がUPし、モードな雰囲気の着こなしになります。
甘くなく、大人のシャープさが出せる組み合わせなのに、体型カバーも難なくクリア。
楽ちんでありながら、清潔感もあるので40代も気軽に着られますね。

カラースカートをINすれば大人の余裕感じるカジュアルに

出典:WEAR

カラー物は相性が良いけれど、なかなか手が出しずらいとい40代も多いもの。
白のワンピースに合わせれば、カラースカートも主張しすぎずコーディネートに花を添えてくれます。
体のシルエットをフォローしつつ、フェミニンな柔らかさや明るさが手に入る着こなしに。
動きに合わせてしなやかに揺れる素材が、白ワンピースにも合わせやすくなります。

まとめ

40代が着ると痛く見えてしまう白ワンピースの着こなしをご紹介しました!
一口に白ワンピースと言っても、シルエットや素材で見え感はかなり変わりますよね。
清潔感のある白は、40代に爽やかさを与えてくれるので、大人なコーデで着こなしたいもの。
40代だから、白ワンピースが似合わないのではなく、デザイン選びの方が重要なポイントになりますね。
もちろん、白もオフホワイトやキナリなど種類があるので、自分の顔映りが良くなるものを選んで着こなしたいですね!

40代ワンピースの普段着コーデは?おすすめな着こなしをご紹介!ワンピースは着ただけでドラマチックに演出してくれ、体型もさりげなくフォローできるので、40代にとってなくてはならないアイテム。 さっと着るだけでカジュアルなだけでなく女っぽさも出せるので、ラフにならず40代が普段着として着やすいです。 40代にすすめなワンピースの普段着コーデをご紹介します!...
40代女性の可愛いファッション!痛くならない着こなしは?“かわいく見える=若く見える”と思っている人も多いですが、40代が可愛く甘いだけの着こなしをしていると、痛く見えてしまうことが多いのが事実。 甘すぎる着こなしはN.G.ですが、柔らかく魅せられるので、大人が着映えするかわいいコーディネートはしたいもの。 40代におすすめなかわいい服装をご紹介します!...
40代の痛くないファッションは?痛いと思われない大人コーデをご紹介40代になり年齢を重ねると、好きな洋服がなんでも似合うという訳ではなくなりますよね。 40代が着ていても痛くないファッションを目指すあまり、無難で面白みのない着こなしになってしまい、かえって老け見えの原因になることもありますよね! 大人が着映えし素敵に見えるコーディネートをご紹介します!...
40代は服装もアップデート!おしゃれな大人コーデをご紹介!40代になると似合うものが変化してくるので、どんなものを着ようか、服装に悩みがちですよね。 好きなものをなんでも着ていいという訳にはいかなくなる年齢。 落ち着き過ぎると無難すぎておばさん見えしてしまうこともある40代は服装迷子が大勢いらっしゃいます! 40代におすすめな大人が着映えするおしゃれコーデをご紹介します!...
40代でチュールスカートは痛い?NGコーデと着こなしのコツ!チュールスカートは着こなしが一気にフェミニンで華やかになるアイテム。 甘く可愛らしい雰囲気になるチュールスカートは40代は着こなしによっては痛いと思われてしまうことも。 40代が着ていると痛く見えてしまうチュールスカートの着こなしとおしゃれに見せるコツをご紹介します!...
チュールスカートの40代の着こなしは?好印象なコーデをご紹介します甘めでかわいい印象になることが多いチュールスカートですが、着こなしに柔らかな女っぽさを与えてくれるので意外と活躍するシーンも多いもの! 若い頃と同じ着こなしでは確かに“痛いおばさん”に映ってしまうこともありますがうまく投入すれば大人を優し気に魅せてくれます。 40代におすすめなチュールスカートの着こなしをご紹介します!...
40代でレースブラウスは痛い?大人が着映えするコツをご紹介レースブラウスは品があり女っぽさも出せるアイテムですよね。 大人の着こなしも上品に格上げしたり、洗練された雰囲気を出すのに活躍してくれるレースブラウス。 ともすると、幼く見えたり、顔つきとはちぐはぐな印象になってしまうものもありますよね。 40代が痛く見えない、洗練されたムードになるコツとおすすめコーディネートをご紹介します。...
40代の痛いファッションは?レディースの残念な服装をご紹介自分では良かれと思って選んだ洋服が周りから見ると“痛い女”と思われていることもあるかもしれません! 顔に合ってない可愛らしすぎる洋服や、体のシルエットが出すぎた着こなしなど、年齢に合ってないものはちぐはぐで痛い印象に。 40代が痛いと思われてしまうレディースファッションはどのようなものでしょうか? ...
40代の若作りファッションは?痛い人に見られてしまう服装! こんにちは!アパレル販売歴10年aoiです。40代は少しでも元気に若々しく見せたいので、着こなしも老けないように、おばさんぽくならない...