冠婚葬祭

弔事(葬儀・通夜)の男性・女性服装まとめ!アクセサリーも

弔事とは、死去・葬儀などお悔やみ事全般を
指して言います。
前もって分からない、
いつ連絡が来るのかわからないので、
慌てて準備をしないといけないと、
気持ちに余裕が持てませんよね><

 

現役アパレル販売員しいたけも、
フォーマルウェアは扱ってませんが、
知識としてお客様とお話しするとき
どっしり構えていたいので
簡単に調べてみることにしました。

 

弔事の装いについてのマナーを一緒に見てみましょう。

スポンサードリンク

 

喪服には正喪服・準喪服・略喪服の3つがあります。

 

正喪服

最も格式が高い装い。
葬儀・告別式・一周忌までの法要の場面で、
喪主や親族、近親者が着る喪服です。

男性
喪主側男性は正喪服のモーニングコート(通夜には着用NG)
またはディレクターズスーツを着用します。
ズボンは黒とグレーの地味な細いしま柄で、
靴・靴下・カフスはすべて黒。
シャツは白のレギュラーカラー
ネクタイは黒無地の結び下げで、タイピンは用いません。

女性
女性の正喪服はロングブラックドレスまたはスーツ。
シンプルなワンピースやアンサンブルでも◎
生地は黒の無地か織り柄があっても地味なものを。
透けるものや光沢あるものはNG。
スカート丈は長いほど格調が高くなります。
控えめなデザインで長袖が原則で
最低でも肘が隠れるものを選びます。
体のラインが見えないもので、
肌の露出がなく、襟元は詰まった形のものを選びましょう。
ストッキングは黒。
靴やバッグも光沢や飾りがないものを!

 

 

準喪服

準喪服は様々な場面で着用できる一般的な喪服です。
喪主や親族、近親者であっても、三回忌以降の法事や
急な弔問、お通夜の際には準喪服を着用します。
列席者は三回忌以前の法要や告別式、
葬儀でも準喪服でO.K.です。

男性
ブラックスーツのスタイル。
お通夜もこのブラックスーツが無難です。
慶弔どちらでも使えるもので、
黒スーツとは言ってもきちんとした
礼服用のスーツを着用しましょう。
ネクタイ、靴下、革靴もすべて黒で統一!
喪服ではシングル・ダブルのどちらでも構わないようですが、
若い人はシングル、年配になるほど
ダブルを着用する傾向があるようです。

女性
素材は光沢や透け感のない
黒の無地か地味な織り柄のものを選びます。
女性は黒のワンピースやアンサンブル、
スーツなどのブラックフォーマルを着用。
レースやサテン、ベロアやベルベットなども
派手にならない程度であれば使えます。
正喪服と違い、
多少の飾りはついていても大丈夫なようです。
袖は5分から長袖、
スカートはひざ丈からふくらはぎ丈までとされています。

 

略喪服

お通夜前の弔問(仮通夜)や
三回忌以降の法事できることの多い、
礼服ではない地味目な服装。
ドレスコードにおける平服が
略礼装を指しているように
葬儀における平服も基本的には略喪服をさします。
お葬式の本番はきちんとした服装でないとダメですが、
急で駆け付ける場面では
喪服を着用していくと
死の準備をしていたようで失礼にあたるとされ
取り急ぎの場面では略喪服を着用することが
マナーとなっているみたいです。
また、葬儀が終わって三回忌以降の法事についても
徐々に喪服から普段の服装に戻りていく期間になっているので
略喪服を着用します。

男性
グレー、紺などのダーク系のスーツ。
ネクタイ、靴、靴下は黒、カフスも黒で。

 

女性
地味な平服(黒や濃紺のダークカラーのアンサンブルやワンピース)
こげ茶やベージュでも◎です。
シンプルなデザインで肌の露出は控えます。
最近ではパンツスーツスタイルも一般的ですが、
体のラインがはっきり出る
細身のパンツはカジュアルな印象になるので避けましょう。
パンツよりもスカートの方が格上とされています。
バッグ、靴は飾りのない黒が◎
ストッキングは肌色または黒です。

 

アクセサリー
アクセサリーは結婚指輪のみ◎
真珠も黒か白の一連のみ大丈夫です。
二連や三連は不幸の連鎖を
イメージさせるので避けましょう。

 

アウター(コート)
黒、グレー、紺が無難。
金具や飾りがついてない簡素なものを
用意しておくといいと思います^^

※意外と見落としがちな小物、ハンカチ
葬儀では悲しみがあふれて思わず涙がこぼれることも。。。
また夏場は汗を拭くのにも使いますよね。
ハンカチは色物は避けて、黒か白のものを使用します。
カラフルないろものはNGですよ~><

※天気が悪い日の
雨の日にどうしても必要な、傘。
無地の黒い傘を使用するのが無難◎
紺など地味な色でも大丈夫です。
派手な色柄のものは避けましょう~!
明るい色や柄物なら、ビニール傘の方が無難です。

 

☆★まとめ★☆

今までわたし、弔事に参列したことがほとんどなく、
きちんと喪服について調べたのは初めてです!!
高校生のころは制服で済んでましたし…
まさかこんなにたくさんの種類があるとは>0<
知っているのと知らないのでは、
日本人の大人として雲泥の差が出ちゃいそうです;;
今回、ほんとに調べてよかった。ほんとにほんとによかった!
また一つ、おとなの階段上がれた気がします~♪